毎月22日は禁煙の日

治療法(病院での禁煙治療)について知ろう・伝えよう

保険診療による禁煙治療を受けるには・・・

一定の条件を満たせば、医療機関の禁煙外来で保険を使って禁煙治療を受けることができます。医師や看護師などの協力を得て、禁煙補助薬を使用し、より少ない自己負担金で禁煙治療を進めることができます。

保険で禁煙治療を受けるには、以下の4つの条件のすべてを満たすことが必要です

標準的な禁煙治療プログラムは、12週間にわたり、計5 回の禁煙治療を受けます。初回診察で医師と相談して禁煙開始日を決定し、初診から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に受診します。禁煙治療では禁煙を実行・継続するための禁煙補助薬の処方やアドバイスを受けます。

「禁煙の日」にしてほしいこと

  • 喫煙・受動喫煙の害について知ろう・伝えよう
  • ニコチン依存症について知ろう・伝えよう
  • 治療法について知ろう・伝えよう

オフィシャルブックレット・ポスター・シールなどの資材

オフィシャルブックレット

「禁煙の日」オフィシャルブックレット、ポスター、シールなどの資材をご提供いたしております。

詳しくはこちら

お知らせ

オフィシャルブックレット

「たばこを止めたい」すべての方の禁煙達成のために、禁煙推進学術ネットワークからのメッセージを掲載しています。

医療機関の皆さまへ
なお一層の禁煙推進、支援強化をよろしくお願いいたします。

詳しくはこちら